人混みが疲れる時の対策。

歩きながら、足裏の小さな感覚に意識を向ける。

歩くことは体に任せる。何も考えなくても、自動的に体が歩いて行くのが分かる。

意識が体に関与する度合いをぐっと低くする。

これでかなり消耗を抑えることができる。

難しいと感じるなら、とりあえず足裏の感覚に意識を向けるだけでも良い。

消耗するシチュエーションではなるべく小さくなろう。小さな自体感覚に意識を向けてみよう。